楽天通販でのトラブルで警察沙汰になったことは?

今般のインターネット社会の到来により、通販サイトの人気が高まりを見せています。
多くの企業が、通販サイトの存在を無視できない状況になっています。
今までに手掛けていなかった企業も、その多くが参入に乗り出してきたといえます。
そんな中でも、楽天通販は各社に先駆けて通販ビジネスを展開してきたといえます。
その方針としては、万一、サイト内でトラブルが発生した場合に、その内容を精査したうえで、そのトラブルが楽天通販に起因していない場合は、当局として一切、介入することはしないとしています。
トラブルや苦情への対応は、企業として、避けては通れないものであり、その対応を間違えた場合に、企業の存続問題にも発展する場合がありますので、各社とも対応を強化しています。
多くの企業が、トラブル発生時の対応策としてマニュアルを作成するなどしています。
この通販サイトをめぐるいろいろな問題に関しては、その注目の大きさから、管轄省庁も監視を強めており、必要に応じて取締や規制を強化していくという姿勢を明確にしています。
日本においては、これからの高齢化社会の到来も視野に入れ、通販サイトの需要は増すばかりということができます。
必要に応じた法整備も求められます。